Hook Setting for T.U.O.I Jerk

【T.U.O.I Jerkのフックについて】

私(岸信)のわがままを、

L.W Worksの手により形にしていただいた3Dアクションリップレスジャークベイト「T.U.O.I Jerk(ツオイジャーク)」。

数年前にコンセプトをビルダー氏に提案して以降、

度重なるテストを繰り返しながら日の目を見るに至るまでに結構な年月を費やしたのだが、

ルアーそのもののテストと並行して試行錯誤を重ねたのが、「T.U.O.I Jerk」にセットするフックだった。

 

ルアーそのもののコンセプトやポテンシャルを活かすためには

アングラーのスキルだけでなくルアーにセットするフックのバランスが

重要となってくる。

私は常々このように考えているからだ。

単に「トラウト用プラグのフック」と言っても、

トリプル~シングルや太い or 細い、

カーブポイントorストレートポイントなど選択肢は様々ある。

また、ベリー側とテイル側それぞれに別のフックセットすることにより、

選択肢の多様性はさらに増大する。

このルアーのターゲットとして想定した渓魚類、

とりわけヤマメ・アマゴの2種は、

ルアーにバイトしてから吐き出すまでのスパンがきわめて短い魚である。

 

「食った!」と思って合わせても「時すでに遅し」となりやすい厄介なターゲットで、

私は常々「バイトしてから掛ける」のではなく

「バイトした瞬間に乗せること」を意識して、

様々な渓魚用ルアーのフックをセレクトしてきた。

「T.U.O.I Jerk」はロッドアクションにより意図的にラインスラッグを発生させ、

水中のルアーを左右にダートさせながら

ターゲットのバイトを得るというコンセプトで作ったルアーだ。

ここで着目していただきたいのが「ラインスラッグを発生させ…」という点だ。

様々なシチュエーションでテストしていく中で、

ヤマメやアマゴなど渓魚のバイトが最も多かったのが、

ラインにスラッグが発生している状態。

つまり、手元から水中のルアーまでのテンションが抜けている時だったのだ。

当然、手元にバイトの感触が伝わった時に合わせても間に合うはずがなく、

 「食うけど乗らない」という歯がゆいケースを幾度となく経験した。

 

ただ、これは単なる失敗の繰り返しではなく、

その時のセッティング(あえてここでは書かないが)を、

いくつかあったフックセッティングの候補の中からデリートするための

繰り返しの確認作業であった。

「バイトを感じてからフッキングしても間に合わないケースが多い」と

理解できれば話は早い。

要は、「バイト⇒即フッキング」するような…。

ターゲットが、オートマチックにフックオンするセッティングにすれば良いのである。

頭に浮かんだのは次の3つのキーワード

①シングルフック

②バーブレスフック

③カーブポイント

フックがターゲット(バイトした魚)に接した場合、

3本すべてのフックがターゲットに接してしまうと単純に力が3つに分散される

(いろんなケースがあるため一概には言えないが)トレブルフックに対して、

フックポイントが一つしかないが故に力が一点に集中するシングルフック。

単に、「貫通しやすいか否か」を考えた場合、

どちらが有効かについては改めて言うまでもないであろう。

 

また、ロッドでアクションを加えながら使用するルアーであることが

前提であるがゆえに、

フックがラインを拾うことによって「エビ」なるケースが多々あったのだが、

フックをシングルにすることにより、

「エビ」のリスクをだいぶ軽減できるようになった点も見逃せないところだ。

次に、②のバーブレスについてだが、「バーブ」を「針の付いた障害物」と考えると、

その有無による貫通力の差は言わずもがなである。

バーブレスフックをセレクトすることにより、

ファイト中にバレてしまうリスクは少なからずアップしてしまう。

しかしそれを差し引いても、

トータル的にはバーブレスフックの方が有効だと私は考えているのだ。

 

最後に③のカーブポイントについて。

これはあくまで私の持論だが、

「フッキングという動作によって掛ける釣りはストレートポイント」

で、

「向こう合わせ的に乗せる釣りはカーブポイント」

だと考えている。

 

要は、ターゲットの口の中などにフックポイントが接した際、

ストレートポイントの場合はロッドを煽ってフッキングする力を加えることにより、

「接地面(口の中など)に突き刺すこと」が前提となるのに対して、

カーブポイントの場合は、

ターゲットが吐き出す(あるいは反転する)際のわずかな力で、

縫い刺すような形でフッキングしてくれる。

 

つまり向こう合わせで掛かってくれやすくなるのである。

ちなみに私がT.U.O.I Jerkにセットしているのは、

ベリー側・テイル側ともオーナーばり「カルティバSBL-55M」の12番。

フックのポイントが僅かに内向きにカーブした細番手の

プラグ用バーブレスシングルフックだ。

そしてルアー本体とのジョイントには、同じくオーナーばりの

「カルティバファインワイヤースプリットリングP-04」00番を使用している。

シリーズ中、最も小型のスプリットリングを使用している理由は、

ルアー本体およびフックとのバランスはもちろんのこと、

先にも述べた「エビ」になるリスクを少しでも軽減するためである。

このレポートの出だしの方でも書いたが、

私はルアーそのもののコンセプトやポテンシャルを活かすためには、

アングラーのスキルだけでなく、

ルアーにセットするフックのバランスが重要だと考えている

。3Dアクションリップレスジャークベイト「T.U.O.I Jerk」ならではの、

超マニュアルなゲームを楽しむためには、

とても重要なことなので参考にしていただければ幸いである。